ワイズコンサルティング

経営に関するコンサルティング&ITコーディネイト(C&C)を中堅中小企業に提供しています。
なかでもISO関連コンサルティングを承っております。
お問い合わせはinquire@y-con.netまでお願いします。
ハラールフレンドリー、ハラール認証支援はじめました。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法 (JUGEMレビュー »)
ダンカン ワッツ
ネットワーク科学の基本を勉強したいならこの本お勧めです。
RECOMMEND
複雑な世界、単純な法則  ネットワーク科学の最前線
複雑な世界、単純な法則 ネットワーク科学の最前線 (JUGEMレビュー »)
マーク・ブキャナン
世界は複雑に見えて単純な法則に従っている。ネットワークを科学することは人類の今後の課題と思う。経営感覚としてもこのネットワーク効果は意識すべき。
RECOMMEND
入門 シナリオ・プランニング―ゼロベース発想の意思決定ツール
入門 シナリオ・プランニング―ゼロベース発想の意思決定ツール (JUGEMレビュー »)
キース・ヴァン・デル ハイデン,ジョージ バート,ジョージ ライト,ロン ブラッドフィールド,ジョージ ケアンズ
計画は1つにあらず、あらゆる場合を想定し、計画立案するのが生きる術である。ブラックスワン対策にも必要。経営者はこの考え方を導入すべき。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
自律的当事者意識
生産計画を立案し、材料を手配し、生産者に材料、加工方法を伝えて加工させる。
生産者が加工した加工品を自ら引き取りにいき、支払をする。
本来分業すべき仕事をマルチにこなす。
そういう人材が、中小の製造業の中にいる。
そういった個人の集団は組織で動いている実感はない。
自己完結型で仕事をしていると認識しているからである。
問題が発生したとしても自分で解決(もみ消し)できる。
しかし、一端自分で解決できないレベルの問題が発生すると下工程にいる人に多大な迷惑をかけることになる。
下工程にいる者は、当然上工程の出来映えに仕事の効率や品質が左右される。
この工程間のつながりをマルチで仕事をしながらでも調整可能な状態にするにはどうすればいいか?仕事の流れをredesignし、自律的に調整可能な状態にしたい。
これが今私に課せられている課題である。
自律的に調整可能な状態にするには、仕事の進捗状況に関する情報が完全にオープンになっていることが必要である。仕事の進捗状況(仕事の発生、変化、進捗、終了)がリアルタイムで情報発信されている状態を作ることができれば、その情報を入手して自律的に調整できるのではないか?
最近そんなことを考えて、企業の情報インフラのあり方を模索している。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.