ワイズコンサルティング

経営に関するコンサルティング&ITコーディネイト(C&C)を中堅中小企業に提供しています。
なかでもISO関連コンサルティングを承っております。
お問い合わせはinquire@y-con.netまでお願いします。
ハラールフレンドリー、ハラール認証支援はじめました。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法 (JUGEMレビュー »)
ダンカン ワッツ
ネットワーク科学の基本を勉強したいならこの本お勧めです。
RECOMMEND
複雑な世界、単純な法則  ネットワーク科学の最前線
複雑な世界、単純な法則 ネットワーク科学の最前線 (JUGEMレビュー »)
マーク・ブキャナン
世界は複雑に見えて単純な法則に従っている。ネットワークを科学することは人類の今後の課題と思う。経営感覚としてもこのネットワーク効果は意識すべき。
RECOMMEND
入門 シナリオ・プランニング―ゼロベース発想の意思決定ツール
入門 シナリオ・プランニング―ゼロベース発想の意思決定ツール (JUGEMレビュー »)
キース・ヴァン・デル ハイデン,ジョージ バート,ジョージ ライト,ロン ブラッドフィールド,ジョージ ケアンズ
計画は1つにあらず、あらゆる場合を想定し、計画立案するのが生きる術である。ブラックスワン対策にも必要。経営者はこの考え方を導入すべき。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
システム化の弊害(再度ポスト)
JUGEMテーマ:ビジネス
 少し前の日本経済新聞「インタビュー領空侵犯」に作家玄侑宗久氏がシステム化に批判的であるとあります。
なんでもシステム化されてしまって考えることをしない人間が増えたとある。
私は、そうは思わない。
システム化されて、考える必要がなくなった部分もあるが、気づかなった点に気付くことができるようになること、システム化をすることで、考える基準、尺度が共有でき、逆に考える機会を提供していることがある。
ただ、玄侑氏が言うようにシステムに頼りすぎるのはよくない。
企業の中では、システム化されていないために逆に社内コミュニケーションができてないことがある。
問題は、システム化ではなく、システム利用の方法や教育にあると思う。
私が支援しているシステム化はシステムを利用する者が情報発信を主体としたコミュニケーションを促進することを目的としている。
企業内のあらゆる情報に触れることで自分の立ち位置やミッションを理解する、そうして動き出す契機を与える。
また、情報は発信することで得られるとの考えから、情報の透明性も高めることをする。見られることを通じて、自律的な当事者意識を醸成し、自ら行動できる人をOJTで育てる。
そんなことを目指している。
玄侑氏が例にあげる百歳以上のお年寄りの行方不明は文字や情報を重視しすぎた面が出たとあるが、それは全く違う。
縦割り組織で情報が組織横断的に流通していなかったことや過度な個人情報保護がある。またそれこそ性善説的な相互監視である日本の風土や事なかれ主義がなしたことだと思う。

性善説、性悪説関係なく、透明性があること、情報は発信することを基本としたシステム構築が必要と思う。

(注)
システム移行時に喪失した記事をググってキャッシュを見つけたので再度ポストしておきました。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.