ワイズコンサルティング

経営に関するコンサルティング&ITコーディネイト(C&C)を中堅中小企業に提供しています。
なかでもISO関連コンサルティングを承っております。
お問い合わせはinquire@y-con.netまでお願いします。
ハラールフレンドリー、ハラール認証支援はじめました。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法 (JUGEMレビュー »)
ダンカン ワッツ
ネットワーク科学の基本を勉強したいならこの本お勧めです。
RECOMMEND
複雑な世界、単純な法則  ネットワーク科学の最前線
複雑な世界、単純な法則 ネットワーク科学の最前線 (JUGEMレビュー »)
マーク・ブキャナン
世界は複雑に見えて単純な法則に従っている。ネットワークを科学することは人類の今後の課題と思う。経営感覚としてもこのネットワーク効果は意識すべき。
RECOMMEND
入門 シナリオ・プランニング―ゼロベース発想の意思決定ツール
入門 シナリオ・プランニング―ゼロベース発想の意思決定ツール (JUGEMレビュー »)
キース・ヴァン・デル ハイデン,ジョージ バート,ジョージ ライト,ロン ブラッドフィールド,ジョージ ケアンズ
計画は1つにあらず、あらゆる場合を想定し、計画立案するのが生きる術である。ブラックスワン対策にも必要。経営者はこの考え方を導入すべき。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
部門トップの承継者の育成は教育訓練とPCの利用が不可欠
 ここしばらく、建築系企業の部門損益管理システムの構築支援をしている。
社長がアメーバ経営の本を読んで、自社に応用したいと思っていたところ、私がその話を聞き、アメーバ経営のシステムではないが、部門損益管理システムは他業界でも構築支援をしたので引き受けた次第である。
引き受けた当初、受注から引き渡し迄の業務の流れ、締め、支払の処理などの商流と経理の業務の流れを確認した。特別変わったことをしているわけではなかったが、事業規模の拡大が急だったこともあり、社員の社歴や、能力には結構バラツキがあった。
経理部門は、ベテランと若手にきれいにわかれており、年代差がある。
部門トップに権限と仕事が集中し、若手はトップの手足のように動いている。
そのため若手は、判断が必要な事柄が発生すると全てトップの意向を確認するまで動けない。
経営判断が必要な資料の作成にも非常に時間を要していた。
経営幹部はけっこうベテランの域に達しており、その地位を承継する人材を早急に育てる必要があった。
しかし、日々の業務に謀殺され、それどころではないという悪循環に陥っていた。
経理業務は建設系の会計(財務)ソフトを利用していたようだが、振替伝票作成、工事台帳作成ツールとして利用しており、当該ソフトを利用して経営管理してはいなかった。
経営管理に必要な資料はエクセル等の利用して、別に作成しており、その業務負担が結構大きかった。
補助科目、部門コードの利用、共通経費の部門配賦の自動化、仕訳の登録等当該ソフトの機能をフルに利用することで業務効率をアップさせ、教育訓練の時間を捻出した。
業務プロセスを自動化すれば業務効率を上げることができるものの、その自動化された内容が時間経過とともにブラックボックスになる可能性がある。
業務の流れを「見える化」し、その内容を理解する教育を若手に実施することと、部門トップの地位を継承するものには判断が必要な業務について判断基準を示し、経験を積ませることが教育となる。
教育が必要だと理解しているが、何を教育するのかが見えない企業が多い。
教育訓練の必要性を明確にすることが業務負荷の低減や、効率化、効果的な教育訓練の実施につながる。


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.