ワイズコンサルティング

経営に関するコンサルティング&ITコーディネイト(C&C)を中堅中小企業に提供しています。
なかでもISO関連コンサルティングを承っております。
お問い合わせはinquire@y-con.netまでお願いします。
ハラールフレンドリー、ハラール認証支援はじめました。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法 (JUGEMレビュー »)
ダンカン ワッツ
ネットワーク科学の基本を勉強したいならこの本お勧めです。
RECOMMEND
複雑な世界、単純な法則  ネットワーク科学の最前線
複雑な世界、単純な法則 ネットワーク科学の最前線 (JUGEMレビュー »)
マーク・ブキャナン
世界は複雑に見えて単純な法則に従っている。ネットワークを科学することは人類の今後の課題と思う。経営感覚としてもこのネットワーク効果は意識すべき。
RECOMMEND
入門 シナリオ・プランニング―ゼロベース発想の意思決定ツール
入門 シナリオ・プランニング―ゼロベース発想の意思決定ツール (JUGEMレビュー »)
キース・ヴァン・デル ハイデン,ジョージ バート,ジョージ ライト,ロン ブラッドフィールド,ジョージ ケアンズ
計画は1つにあらず、あらゆる場合を想定し、計画立案するのが生きる術である。ブラックスワン対策にも必要。経営者はこの考え方を導入すべき。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ISO14001 そろそろ環境側面評価の方法を現実的なものにする

JUGEMテーマ:ビジネス

ISO14001の取り組みの中で、運用負担が大きい環境側面評価の方法について、業種、業界、規模に関わらず、全く同じ方法がとられている。常々この方法について、疑問に思っていました。

そこで

 

インプット・アウトプット方式で評価している大きな表をよく見るがそろそろそれやめませんか?

と提案しています。

 

PC1台、電灯1本、製造設備1台変わる毎に評価を最新版にしなければならないような仕組みを現実的なものにするのです。

本来、環境側面の種類毎に評価方法が異なるものと考えています。

例えば・・・


汚染に関する側面の評価は、起こりうる可能性、結果の重大性を含むリスク評価をする。
資源の利用に関する評価は、希少性と結果の重大性を含むリスク評価を行う。
間接的な環境側面には影響と結果自体を適用する。

 

その他、紙の使用量、ゴミの発生抑制、電気の使用量の取り組みからの脱却はこれらの評価から可能になります。

社会に与えるインパクト、業績に与えるインパクトも評価する視点に加えると良いでしょう。

 

紙の使用量だと

https://www.jpa.gr.jp/states/global-view/index.html

等のサイトから自社の紙使用量の推移や事業運営との関連性、社会的に与えるインパクト、業績に与えるインパクトから環境影響評価(結果的に著しい環境側面としないことになる?)をすれば取り組みやすく、取り組み負担もない、取り組み方が見えると思う。

 

ISO14001 | 11:08 | - | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.